「親知らずが痛い」と思ったら……

「親知らずが痛い」と思ったら……

10代後半から20代前半ごろ、奥歯のさらに奥に生えてくる「親知らず」。横向きに生えたり、斜めに生えたりすることで隣の歯を圧迫し、痛みを生じることがあります。親知らずがまっすぐ生えていない場合、ブラッシングが届きにくくなって虫歯のリスクが高まったり、歯の圧迫によって歯並びの乱れにつながったりと、さまざまな悪影響をおよぼすことがあります。

横向きや埋まってしまっている親知らずなど、一般診療所では難しいとされている抜歯にも対応しています。また個室診療室・オペ室も完備。手術が必要な口腔外科治療にも幅広く対応可能です。大学病院に行かなくても大丈夫なケースもございます。長く待たされたり、予約がなかなか取れないとお困りの方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

まっすぐ生えていて、隣の歯に影響を与えていない親知らずの場合は、抜歯が不要なケースもあります。しかし、親知らずによって何らかのトラブルが起こっている場合や、将来的に痛みや腫れを引き起こす可能性、歯並びの乱れを招く可能性、虫歯リスクが高い場合は、できるだけ早く抜歯することをおすすめしています。

また、妊娠中の女性は抜歯・投薬などの対応が難しくなります。そのため、親知らずが気になっている女性の方は、妊娠前に抜歯しておくと安心です。

当院の治療

当院では、患者様に安心・安全に親知らずの抜歯治療を受けていただけるよう、歯科用CT(3次元断層レントゲン)を導入しています。歯科用CTを用いて検査を行うことで、親知らずの生えている方向や埋まっている長さなどを正確に把握でき、より安全な抜歯が可能です。

なお、歯科用CTを用いた診療は基本的には自費診療ですが、下顎の歯の抜歯などで保険適用になる場合もありますので、気になる方はお問い合わせください。

親知らずのお悩みは、いつでもお気軽にご相談ください。

「診療予約」へ